楽しむためのスノクエ式

スノクエスタイル

私たちのレッスンスタイルを紹介します。
その中身は私たちのスキー経験とレッスン経験。
積み重ねから生まれる昔から変わらないシンプルさと独自の方法があります。
例えば…
「この斜面をこんな風に滑るにはこれが必要やったな。そのためにまず…」
みたいなカラダで覚えた感覚ってメッチャあるんです。
現場のナマの声をお伝えします。

スキーに乗るには?動きは?…体に無理なく上達するためのスキーのキホンを身につけて!

レッスンでは色んな動きにチャレンジして滑走バランスを感じたり、
自分でスキーを動かす感覚をあの手この手でお伝えしたり…
動き続ける中に感覚ありです。
変ったことをやらせるなぁって思ってもご愛嬌(‐^▽^‐)オーホッホ
どうかお付き合いください(*^.^*)エヘッ

スキーのキホンを自在に操るためにパターンやテンポに大小をつけてポジション・バランス・スキルアップ!

あんな斜面を滑ってみたい!のために動きの強弱を足してみましょう。
小さい動きから大きく動いてみる、ゆっくりから早く動いてみる。
前後・左右・上下に積極的に動いてバランス感覚を身につけます。
真剣になりすぎてコワい顔で滑ってはイケマセン。やわらか〜くしなやかに〜

色んな斜面を滑ることで理にかなった自然な動きがわかる。雪は先生なのだ。さぁチャレンジ!

急斜面、コブ、パウダー…雪は私たちの想像を超えた感覚を与えてくれます。
色んなところにチャレンジして運動のタイミングやコツを自分のモノにしちゃいましょう。
私たちが付いているから大丈夫、楽しんじゃいますよ!ほっほー!

目指したいステージは楽しむ表現力を育てること。スキーは楽しんだ者勝ち!

楽しむ表現力は人それぞれ、だから自分のスタイルを表現してほしい。
色んなスタイルがあって笑い合い、協力し合って自然と向き合うってなんかいいじゃない。
上手に滑れたかどうかはそこそこ?!に、
やばっかったぜー!ウケたぜー!からの雪さん皆さんありがとう〜🙏っていうノリも自然があってのものだけに大切にしたいですね。
イェーイ