楽しむためのスノクエ式

スキーに乗るには?動きは?…体に無理なく上達するためのスキーのキホンを身につけて!

スノクエでは基本を①ポジション②バランス③スキルの3つに分けます。
これがスキーの根幹で、あとはこの応用。
基本を知ることでスムーズに動けるコツがわかり、身体の故障やケガのリスクを予防することもできます。
目的は雪の上でスキーを操るための〇〇。
面白いことをやらせるなぁって思ってもご愛嬌(‐^▽^‐)オーホッホ
どうかお付き合いください(*^.^*)エヘッ
3つの基本 第1回①ポジション 第2回②バランス 第3回③スキル については後日お話しします。

スキーのキホンを自在に操るためにパターンやテンポに大小をつけてポジション・バランス・スキルアップ!

あの斜面を滑りたい!のために基本の動きに変化を加えます。
例えば膝を屈伸する時には「小さく、大きく、ゆっくり、早く」と動かす量や間隔に変化があります。
1つの動作をコントロールして動かそうとすることで生きた感覚になるのです。
真剣になりすぎてコワい顔で滑ってはイケマセン。やわらか〜くしなやかに〜楽しく簡単に!

色んな斜面を滑ることで理にかなった自然な動きがわかる。雪は先生なのだ。さぁチャレンジ!

動きがわかってきたら!
色んな斜面にチャレンジしちゃいましょう。
急斜面、コブ、パウダー…雪は私たちの想像を超えた感覚を与えてくれます。
私たちが付いているから大丈夫、楽しんじゃいますよ!ほっほー!
 

目指したいのはどんな斜面でも楽しめるスキーヤー!スキーは楽しんだ者勝ち!

刺激的な斜面を目の前にしてメンタルは重要になります。
思い通りに滑れなくて気分が下がるより、その刺激を面白がることで次につながっていくのではないでしょうか。
そういうメンタルに近づくためには滑る時の中身の具体がいります。
中身がなく形だけでは怖くなったり動けなくなったりしてしまうでしょう。
上手に滑れたかどうかの判断は見た目だけじゃなくて中身も楽しんで!と考えます。

やばっかったー!なんじゃこりゃー!🙏っていうノリも大切にしています。
やりきった後のご褒美を想像して滑るのもいいですね!イェーイ